SKYMARK AIRLINES
BRANDING

BRANDING WORK: SYMBOL MARK, LOGOTYPE, AIRCRAFT LIVERY, 
CHECK-IN COUNTER, STATIONERY
リーズナブルな価格で、より多くの方に快適な空の旅を提供するスカイマークエアラインズ株式会社。同社の機体やカウンターなどに使用するロゴマークをはじめ、ブランドイメージに関わるデザインを制作しました。 

価格を抑えたLCCであるスカイマークは、「カジュアルさ」をコンセプトにしています。そのコンセプトが伝わるように、ロゴマークには軽快さとアクティブ感を意識しました。 以前、スカイマークエアラインズで使用していたロゴマークは、複数の星によって構成された非常に複雑な形状でした。そこで、新たなロゴマークには、堂々とした力強さを持ちながら、記憶に残りやすいシンプルなデザインを目指しました。 同社のマークであった星をシンボリックにひとつだけ残しつつ、直線的な星の中に流れるような曲線を用いることで、よりアクティブな印象を演出。さらに、前に突き進む力強さと安定感を伝えられるように、真っすぐに伸びるブルーのラインを構成しました。 ロゴマークの色使いについては、スカイマークのシンボルカラーであるイエローを重視しました。アクティブでインパクトな印象のあるカラーであるイエローを、ブランドカラーとして効果的に使用することで、「スカイマーク=イエロー」という認知を高めることを意識しました。 

Skymark Airlines, Inc. provides comfortable air travel to as many people as possible at reasonable prices. We created the logo used on the company's aircraft and counters, as well as other designs related to the brand image. 

Skymark Airlines, a low-cost LCC (budget airline in English), is based on the concept of “casualness”. To convey this concept, we tried to represent the lightness and active feeling in the logo. The previous logo used by Skymark Airlines was a very complex shape composed of multiple stars. Therefore, for the new logo, we aimed to create a simple design that would be easy to remember, while still being imposing and powerful. While retaining a single symbolic star, which was the company's mark, we created the more active impression by using a flowing curve within the linear star. In addition, a straight blue line is used to convey a sense of strength and stability as the company pushes forward. For the color scheme of the logo, we focused on yellow, the symbolic color of Skymark. By effectively using yellow, a color with an active and impactful impression, as the brand color, we made a conscious effort to increase the recognition of "Skymark Airlines equals to yellow”.
ブランドのアイデンティティそのものである機体のデザインは、シンボリックなものであるべきです。そこで、機体をデザインする上で、「シンボリックであること」「堂々とした力強さがあること」「インパクトがあること」というテーマを掲げ、検討を重ねました。 各航空会社の個性が際立つ尾翼には、大胆なインパクトを伝えられるよう、ロゴマークをできる限り最大限の大きさで配置。シンボリックでインパクトの強い機体を体現しました。 

The design of the aircraft, which is the identity of the brand itself, should be symbolic. Therefore, we had a great deal of consideration, setting the themes of "symbolic", "imposing and powerful", and "impactful" for the design of the aircraft. On the tail, where the individuality of each airline stands out, the logo is placed as large as possible to convey a bold impact. This embodies the symbolic and strong impact of the aircraft.
空港カウンターをデザインする際、重要な役割を果たしたのがブランドカラーのイエローです。イエローはアクティブで、人々に元気を与える色です。イエローの多い空間を作り上げることで、旅の楽しさや期待感が高まる空間作りを意識しました。 空間の雰囲気を作る上で重要なのは、素材選びです。カウンターをデザインする上でも、スカイマーク自体のブランドコンセプトである「カジュアル」を踏まえながら、重厚になり過ぎず、深みのある雰囲気を演出。 グラフィックにブランドカラーのイエローを使用することはもちろん、空間全体にイエローカラーが印象づけられるようなスペースづくりを意識しました。

Yellow, the brand color, plays an important role in our design of the airport counter. Yellow is a color that looks active and gives people energy. We tried to create the counter that would increase the sense of fun and anticipation for travel by using a lot of yellow. An important part of creating an atmosphere of a place is the choice of materials. In designing the counter, we created a moderate profound atmosphere, while taking into account the brand concept of Skymark Airlines itself, “casualness". In addition to using the brand color yellow for the graphics, we made sure to create the place that would give the impression of the yellow color throughout the counter.
CLIENT : SKYMARK AIRLINES INC. 
ART DIRECTION, DESIGN : JUNICHI HAKOYAMA(RHYTHM INC.)
Back to Top