私たちがブランディングを担当した事例のひとつが、富山県にある大協紙商事様のせっけんシャンプー「凜として」です。 

多くの市販シャンプーには、合成せっけんや合成界面活性剤などが使われていることが一般的です。
合成せっけんや合成界面活性剤を使えば、汚れは早く落ちるし、髪自体の手触りはよくなる。けれども、長期的に使用し続けると、髪や肌を痛めてしまうリスクも考えられます。
それに対し、「体にも環境にも良く、誰もが安心して使えるシャンプーを作りたい」という想いから生まれたのが、大協紙商事様のせっけんシャンプー「凜として」でした。

徹底的に素材にこだわり、無駄なものは加えず、身体によい素材だけで作られた「凜として」は、発売以降、敏感肌に悩むお客様からは高い評価を得ていたそうです。今後、より幅広い人々への販売を広めていくため、この既存商品のブランディングを手掛けてほしいとのご相談をいただきました。

すでに決まっていた「凜として」との商品名の通り、この商品自体が強いポリシーを持ち、商品としてもとても優れていることはわかりました。ただ、せっけんシャンプーは長期的に使用すれば体や髪に良いものですが、短期的には効果が見えづらいという一面もあります。そこで私たちは「この商品は、一過性の流行に左右されるライトユーザーではなく、質の良いものを好み、本質的な部分で商品の良さを理解してくれるユーザーを獲得するべきなのではないか」と考えました。




凜として 
Dignified

One of our achievements in branding services is the soap-based shampoo, "凛として” (meaning dignified in English), from DAIKYO INC. in Toyama Prefecture. 

In many commercial shampoos, synthetic soaps and surfactants are commonly used. They can remove dirt quickly and make your hair smooth. However, if you continue to use the synthetic soaps and surfactants for a long time, there could be risks of damaging your hair and skin. 

The soap-based shampoo "凛として" of DAIKYO INC. is the product made from its thought and passion to make a shampoo that is good for the body and the environment and can be used safely by everyone.

 "凛として", which is made from only materials that are good for the body without additions of anything unnecessary, has gained high praise from customers who suffer from sensitive skin since its release. In order to promote sales to a wider range of people in the future, we received a request from DAIKYO INC. for the branding of this existing product. 

The product name, "凛として”, which had already been fixed, made us understand that this product itself had a strong policy and had huge strengths as a product. Generally, soap-based shampoos are great for your body and hair if you use them for a long time, but it is difficult to see a great effect in the short term. So we thought that this product should not be targeted at light users who would get influenced by passing fads, but users who would prefer high-quality products and understand the quality of products essentially.
この商品の良さを理解してもらうために、デザインの力でどうアプローチすることができるのか。 

まずは、「凜として」の「余計なものは足さない」という基本コンセプトを踏襲し、徹底的に余計な要素をそぎ落としたデザインを目指しました。そこで、商品名以外に余計な装飾は一切入れず、フォルムも極力シンプルにして、まさに“凜とした”ブレないスタンスを、商品自体から感じ取れるような潔いデザインを意識しました。

もうひとつ、こだわったのは「日本らしさ」という要素です。「凜として」は、富山にある小さな会社で、ていねいに作られた製品です。大手メーカーで大量生産されたプロダクトではなく、日本ならではのモノづくりの技術が集積した商品であることを伝えたい。そこで、思いついたのが、日本らしさを感じさせる赤と白を基調したデザインでした。

商品のパッケージだけではなく、ホームページや販促パンフレットなどに至るまで、すべてものを「余計なものを足さず、日本らしさを感じるデザイン」に一新することで、商品の新しい世界観を作り出すことを意識しました。




How can we help people have a better understanding of the value of this product with the power of design?

First of all, following the basic concept of “no addition of anything unnecessary” in "凛として” (meaning dignified in English), we aimed for a design that eliminates unnecessary elements thoroughly. 
Therefore, we tried to make the visual appearance as simple as possible and focus on a refined design without any unnecessary decorations other than the name of the product, so that we could feel the "凛として” and consistent stance from the product itself. 

Another thing that we focused on was the element of "Japaneseness". "凛として" is a product made carefully by a small company in Toyama Prefecture. We would like to convey that this product is not mass-produced by a major manufacturer, but a product in which manufacturing technology unique to Japan is accumulated. So, we came up with a design based on red and white, which makes us feel Japaneseness. 

In addition to the packaging of the product, we renewed everything, including our website and sales brochures, into a design that feels Japaneseness with no addition of unnecessary things in order to create a new world view of the product.



CLIENT : DAIKYO INC.
CONCEPT, ART DIRECTION, DESIGN : RHYTHM INC.  (JUNICHI HAKOYAMA)



Back to Top