KSCO BRANDING

BRANDING, DESIGN, WORK : 
MARK, LOGOTYPE, PACKAGE, ADVERTISING


中国で化粧品を展開するビューティーバレー様からご依頼を受け、開発を行ったスキンケアの新ブランド・KSCO。 求められたのは、すべてを日本で一貫して行う「Made in Japanブランド」の開発でした。 私たちは、コンセプト制作から商品全体の世界観の構築、グラフィック制作、ブランドイメージ作りに至るまで、商品に関するトータルプロデュースを行いました。

KSCO, a new skin care brand developed at the request of Beauty Valley, which develops cosmetics in China. What was required was the development of a "Made in Japan brand" that would do everything consistently in Japan. We have done total production of products, from concept production to building the world view of the entire product, graphic production, and brand image creation.
「Made in Japan」であることを踏まえ、商品全体の世界観を作るビジュアルを制作する上で、重視したのは、「日本らしい」佇まいです。そのため、商品に関わる各ビジュアル制作では、細部に渡って、「日本の美しさとはなにか」を考え、発想の原点として組み立てました。 具体的には、ブランドのマークには、化粧水1滴から生まれる美しい肌の潤いやみずみずしさをイメージし、波紋をモチーフとしました。同時に、日本を象徴する色・赤と白を基調に、伝統美である朱印を思わせるフォルムと、ロゴタイプの繊細なライン。そして、縦書きの表現によって、楚々とした繊細な印象を組み立て、日本ならではの佇まいを表現しています。

Based on the fact that it is "Made in Japan", the emphasis was on the "Japanese-like" appearance when creating the visuals that create the world view of the entire product. Therefore, in each visual production related to the product, I thought about "what is the beauty of Japan" in every detail and assembled it as the starting point of the idea. Specifically, the brand mark has a ripple motif, with the image of beautiful skin moisturizing and freshness created from a drop of lotion. At the same time, based on the colors that symbolize Japan, red and white, the form reminiscent of the traditional beauty of the red stamp and the delicate line of the logotype. The vertical writing creates a delicate and delicate impression, expressing the unique appearance of Japan.
KSCOの最大の特徴は、肌への刺激が少ないミルククレンジングであること。肌に優しい素材のスキンケアを毎日使用することは、未来への投資であるととらえてもらうため、「未来の肌を育てる」というコピーを掲げ、新たな視点を持ったスキンケアとしてのコンセプトを創り上げました。

The biggest feature of KSCO is milk cleansing that is less irritating to the skin. In order to make people think that daily use of skin care made of skin-friendly materials is an investment in the future, we have created a concept as skin care with a new perspective with a copy of "nurturing the skin of the future". I did.
容器には、安定感のあるフォルムとして、末広がりの形状を採用しました。ボトルを包む紙箱には、手触りの質感にこだわり、雪のようなきめ細やかな手触りの紙を使用。視覚、触覚など五感で、商品コンセプトの「日本の美」と、商品の特性である「ミルククレンジング」をイメージし、柔らかさと優しさ、繊細さを伝えられるようにと意識しました。

For the container, we adopted a shape that spreads toward the end as a stable form. For the paper box that wraps the bottle, we are particular about the texture of the texture and use paper with a delicate texture like snow. With all five senses such as sight and touch, I imagined the product concept "Japanese beauty" and the product's characteristic "milk cleansing", and I was conscious of being able to convey softness, tenderness, and delicacy.
キービジュアルは、ブランドコンセプト「未来の肌を育てる」の世界観を創り上げるため、ミルククレンジングならではの肌の優しさとうるおい。そして、商品を使い続けた先に得られる「未来の肌」のイメージを、ビジュアル化しました。 KSCOの日本らしさを醸し出す佇まいが差別化につながり、中国マーケットにおいて大きな強みとなっています。

The key visual is the gentleness and moisture of the skin unique to milk cleansing in order to create the world view of the brand concept "nurturing the skin of the future". And get it first if you continue to use the product We have visualized the image of "future skin". The appearance of KSCO that brings out the Japanese character leads to differentiation, which is a great strength in the Chinese market.
CLIENT:BEAUTY VALLEY 
ART DIRECTION,:JUNICHI HAKOYAMA (RHYTHM INC.) 
GRAPHIC DESIGN : JUNICHI HAKOYAMA (RHYTHM INC.) 
ILLUSTRATION:KATSUYA YOSHIZAWA  (RHYTHM INC.)



Back to Top