Branding, Planning, Design work : Website, Content


商品は、「開発したら終わり」ではありません。
何をすればブランド価値が上がるのか。
どうしたらより多くの人に知ってもらえるのか。
その商品が世の中に認知され、どう受け入れられていくのか。
これらの要素についても、しっかりと考えていく必要があります。

私たちがブランディングを手掛けたせっけんシャンプー「凜として」についても、これは同様です。 

この商品は、「体にも環境にも良く、誰もが安心して使えるシャンプーを作りたい」という富山県にある大協紙商事様の想いから生まれたものでした。私たちはこの商品のパッケージデザインなどをはじめとしたブランディングを担当しました。 SKIN CARE / BRANDING

商品デザインやサイトの統一により、「凜として」という商品の根底に流れる「余計なものは加えず、身体によいものだけで作られたシャンプーである」という潔い世界観を構築することを目指しました。 その上で、さらにブランド自体の存在感を強めていくため、私たちが新たに取り組んだのが情報発信です。
凛とした人
Dignified Person

Any product is not necessarily complete even though it is done developing. What should we do in order to increase the brand value? What can we do to get more people to know it? How will the product be recognized and accepted by the world? These things also need to be considered thoroughly . This also applies to the use case that we involved in the branding of the soap-based shampoo "凛として" (meaning dignified in English).   SKIN CARE / BRANDING

This product was made from the thought and passion of DAIKYO INC. in Toyama Prefecture to make a shampoo that is good for the body and the environment and can be used safely by everyone. We were in charge of branding including package design of this product.

By unifying the product design and its website, we aimed to build a clear view of the world that this was a shampoo made only with good things for the body with no addition of unnecessary things that underlie the product, "凛として”. On top of that, in order to further strengthen the presence of the brand itself, we made great efforts to offer information proactively.
Official website
Details

そこで、まず、販売元である大協紙商事の社長にお願いしたのが、ブログやSNSでの発信です。 社長ご本人も、シャンプーはもちろん、日頃から日用品は必ず「体や環境に良いものを使いたい」という強いこだわりを持っている方でした。その点では、「凜として」が本来ターゲットとするべき「本質を分かる人」というユーザー層に、ぴったりとマッチしています。社長ご自身のメッセージを社会に伝えることが、新たな客層を獲得する絶好の手段ではないかと考えたからです。 
First, what we asked CEO of  DAIKYO INC. to do is to post the information on blogs and SNS. The CEO himself is a person who has strongly cared about not only shampoos but also daily necessities that are all good for the body and environment. In this regard, it is a perfect fit for people who understand the essence of products, which should be the targets of “凛として” (meaning dignified in English). We thought that communicating the CEO’s message to society would be the best way to attract new customers.


Official blog

経営者自らが発信することで、その考え方に共感する人たちが集まり、商品自体にも興味を抱いてもらいやすくなる。その結果、お得感や一過性の流行に頼るのではなく、長く、本質的に商品の良さを認めてくれるお客様を獲得することにつながる。そのために、日々の地道な発信は不可欠であると伝え、ブログの更新を進めていきました。 

ただ、個人の発信力だけでは限りがあります。そこで、新たに始まったのが、インタビューサイト「凜とした人」です。
By sending out information by the CEO himself, people who sympathize with his ideas are likely to be gathering and to get interested in the product itself. As a result, we can acquire customers who appreciate the product essentially for a long time rather than relying on affordability or passing fads. In order to achieve this, we explained that communicating information steadily on a daily basis was essential, and the CEO has continued to update the blogs. 

However, there is a limit to the ability of the individual to communicate. That is why we started the interview site "凛とした人"(meaning dignified person in English).


Interview site "Dignified Person"​​​​​​​
Vol.1
Interview site "Dignified Person"
Vol.2

人や流行には流されず、媚びることなく生きていく女性たちにスポットを当て、彼女たちがどのような芯を持ち、ブレずに自分の道を歩んでいるのかをひも解いていく。その記事を通じて、商品のブランディングがより一層高まるのではないかと考え、この企画を新たに提案しました。

 サイト自体のフォーマットも、極力シンプルに。「凜とした」佇まいを表現することを意識するため、写真も商品と同じく白を基調としています。

商品の世界観を踏襲したサイトづくりや発信力のある著名人の女性たちのインタビューコンテンツを通じて、一般の人々にも「凜として」という商品を広く知ってもらう機会を作ることができたのではないかと思っています。
This site focuses on women who live without being influenced by people or trends and even flattering and tries to figure out what kind of beliefs those women have and what kind of path they are walking on. We thought that the branding of the product would be further enhanced through the articles on the interview site, so we proposed this new plan. 

The format of the site itself is as simple as possible. In order to express kind of the dignified appearance from the product “凛として” (meaning dignified in English), we adopted the style based on white, which is the same as the product, in the photos taken during the interview. 

We believe that we were able to create an opportunity to make the product, "凛として", widely known to the general public, through the creation of a website that follows the world view of the product and through the interview contents of famous women who have immense influences.




CLIENT:DAIKYO INC. 
ART DIRECTION, GRAPHIC DESIGN:JUNICHI HAKOYAMA (RHYTHM INC.)


Back to Top